自分でアナルを開発する方法(男のアナニー)

男のオナニーで気持ちいいのは射精時のほんの一瞬だけです。

しかしアナルを刺激するアナニーであればイッタ瞬間の気持ち良さが長時間続くだけでなく、賢者タイムも来ないので何度でも連続で快感を楽しむことが出来ます。

また気持ちよさのレベルも通常のオナニーの何十倍にもなります。今回はまだアナニーをしたことのない男性のために自分でアナルを開発する方法を説明します。

↓個人撮影サイトの広告↓

ボールペンをアナルに挿入

自分でアナルの開発をしようと思っても上手くできないという人は少なくありません。

自分でお尻の穴に指やディルドを突っ込むというのは難しいことなのです。しかし誰でも簡単に行える方法があります。

それは指ではなくボールペンを使う方法です。多くの人は初めてアナルを開発するときに自分の指を使おうとします。

しかし指に力を入れようとするとアナルにも力が入ってしまうので上手く挿入することが出来ないのです。

やってみれば分かることですが自分の手をお尻の方へ持っていき、指をピンとさせた状態で、お尻の力だけ抜くというのは難しいのです。

なのでボールペンを使うのです。指よりも細いので入りやすいというのもあります。

ボールペンの後ろ側からコンドームを被せてローションをたっぷりと塗ります。ローションはアナルにも塗っておきます。

体を楽な状態にしてゆっくりと挿入していきます。入れるのは3cmから4cmだけで十分です。そこまで入ればアナニーは行えます。

アナルの筋肉でイク

入ったら少しだけ前後に動かしはじめます。動かす幅は1cmくらいで十分です。これだけでも感じる人はいますし継続すればそのままイクこともできます。

しかしもっと気持ちよくなるためには一旦、手を離します。そしてアナル周辺の筋肉をキュッキュッと動かして穴を締めるのです。

オシッコをしているときに途中で止める感覚です。あの感覚で力を入れるとアナル周辺の筋肉が動くのです。

この動作を何度か続けていると意識しなくてもアナルが動き始めるのが分かると思います。

その状態のまま放っておくと波が押し寄せてきて、やがて全身に快感が走ります。これがドライオーガズムの状態です。

初めて経験するひとはあまりの快感に頭が真っ白になるのですと思います。しかもそのまま抜かずにいればすぐに次の波がやってきて再びオーガズムを迎えます。

この状態になるのですと何度でも連続してイクことが出来るのです。しかも賢者タイムがやってこないのでずっと興奮状態を維持出来ます。

最後は自分でボールペンを握って、少しだけ奥にある前立腺を刺激してあげればペニスからダラーっと精子がこぼれてきます。そこで終了しましょう。

人にもよりますが精子が出ても賢者タイムにならないことが多いです。私の場合はゆっくりとなだらかに興奮が治まっていく感じです。

おそらく女性がイッたあともこんな感じなのかなと思います。

アナニーをするときの注意

ボールペンを使ったアナニーは事前に腸内洗浄をしなくても行うことが可能です。

しかしウンチの臭いは思っている以上に残ります。お風呂場でアナルをいじった場合、たとえそのあとにボディソープをたくさん使って洗っても他人には分かることがあります。

赤ちゃんがオムツを替えるとその臭いが部屋に残るのと同じです。家族と同居している人は必ず先に浣腸で腸内洗浄を行っておきましょう。

またアナルで絶頂を迎えるアナニーは普通のオナニーの何十倍もの快感を得ることができます。

その気持ちよさになれてしまうと普通のオナニーの刺激では物足りなくなってしまうと思います。

正直言ってセックスよりも気持ちいいです。アナニーは禁断の扉ですのでくれぐれも自己責任でお願いします。

タイトルとURLをコピーしました