公園で青姦してたらホームレスに覗かれた

セフレと会って飲みだけのつもりだったのですがムラムラしてきたのでセックスすることになりました。

しかし終電までに帰らなければならないのと金もあまり無かったので青姦することにしました。

そして都内の有名な青姦スポットである某公園へ。

最初は青姦というよりトイレでしようと考えていました。

しかし最近はセックスするカップルが増えたせいか夜になるとトイレに鍵をかけられてしまっていました。

しかたないので木の陰になっているベンチでしようとして中をふらふらしてたら同じようなカップルがいました。

確信はないですが彼らも青姦をしようとしていたのだと思います。彼氏の方が一生懸命にキョロキョロしてましたから。

フェラでイケない

なんとか良さそうなベンチをみつけました。道路に面してはいますが植木があるのでちょうど隠れます。

ライトも離れたところにあるので公園内にいる人からも見えないです。

時間もなかったのでキスも早々にさっそく手マンでセフレのマンコを濡らし始めます。

声を出さないように我慢している姿がいつも異常に興奮しました。

ベンチの上にセフレを寝かせて挿入して腰を動かすと「背中が痛くてダメ」と言いました。ネジの出っ張りのようなものがいくつかあってそこに背中がぶつかってしまうのです。

セフレはもともと青姦に乗り気ではなかったので「口でしてあげるから」と言ってフェラチオをし始めました。ただいつもと体勢が違うためかなかなかイキそうにならないのです。

10分以上はしゃぶってもらいましたが全くダメで相手も疲れてきました。

立ちバック

やはりマンコに入れてイキたいと思い、立ちバックですることにしました。セフレの手をベンチにつかせてお尻を突き上げさせます。この姿もなかなか良かったです。

しかし立ってしまうとちょうど頭だけ外の道路から見えてしまうのです。まあ頭だけならバレないだろうと思ってそのまま腰をフリ続けました。

車は通っていましたが歩行者はいなかったので自分も調子に乗ってかなり激しく突きました。音とか全く気にしていませんでした。

ホームレスがこっちを覗きながらシコシコしてる

しかし何となく道路側からの視線を感じたのでふと見てみると植木の間からオッサンのホームレスがこっちを見てながらシコシコしてました。

距離は2mも離れていなかったと思います。一瞬目が合いましたが逃げる様子もありません。

最初はヤバいと思ったのですがすぐに「まあいいか」という気持ちになりました。今時の若者だったら盗撮される心配もありましたがホームレスだったのでその辺の安心感もありました。

それに見られているというのは意外と興奮するものなのです。「俺はこんなイイ女にハメてるんだぜ、羨ましいだろ?」という気持ちまで出てきました。

もちろんセフレは見られていることに気づいていません。

それまで以上に動きを激しくしてやがて射精の波がやってきました。いつも青姦するときはそのまま地面に精子を出すのですが興奮していたのでセフレの口に出すことにしました。

ペニスを抜いて「口開けろ」と言いながらセフレの頭を股間のところに持ってこさせました。口を開けさせてペニスを突っ込みそのまま出しました。

少し驚いていましたがしっかりと最後まで吸い出してくれました。そしてこっちを見ながらわざとらしくゴックンと飲み込みました。いつもはゴックンしてくれないのですがそのときはしてくれました。

ホームレスの方をみるとまだシコシコしていましたがしばらくしていなくなりました。

青姦にハマりそう

セフレが「青姦好きでしょ?」と聞いてきたので「なんで?」と聞いたら「すっごい興奮してたから」と言いました。

青姦で興奮したというよりもホームレスに覗かれていたことに興奮したのですが「オマエの反応が良すぎたからだよ」と言ったらめっちゃ嬉しそうにしてました。

「最後私もスゴい興奮したよ。犯されてるみたいな感じだった」と言ってました。最後に精子を飲んでくれた理由がなんとなく分かりました。

自分は青姦が好きでも嫌いでもありませんが、他人に見られるのはけっこう好きみたいです。ちょっとハマりそうで怖いです。

タイトルとURLをコピーしました