乳首を刺激して射精する男のチクビオナニーのやりかた

男にとっても乳首は性感帯です。女に舐められれば気持ちいいし立つこともあります。

この乳首をオナニーのときに開発することでペニスをシゴくことなく射精までできるようになるのです。

今回はそんな乳首オナニー(通称、チクニー)のやりかたを説明します。

普通に射精するよりも遥かに気持ちいいのでぜひ習得して欲しいです。

↓個人撮影サイトの広告↓

全身を愛撫する

乳首の刺激だけで射精をできるようになるのですためには体全体がリラックスしていなければなりません。

全身の筋肉をほぐすためにAVを見ながら自分の手で体中を愛撫します。やりかたは簡単です。

触れるか触れないかの微妙な強さで、自分が気持ちいいと感じる部分を撫でるのです。

少しくすぐったいと感じる部分を重点的に攻めると気持ちよくなってくる。

人によって場所はことなるが、太ももの内側、わき腹、膝の裏側などが隠れた性感帯です。

この時点で乳首やペニスに触れる必要はありません。

乳首を刺激する

全身がリラックスしてきたらいよいよ性器の愛撫に入る。

女の胸を揉むときと同じように胸全体に手をかぶせて、5本の指を乳首に向かって閉じていく。

右胸は右手で、左胸は左手で、両手を使って同時に行います。

このときも弱い力で撫でるように行います。乳首の中心に向かって神経を集中させるように意識します。

次に乳首を刺激します。これはひとによって感じ方が違うので自分で気持ちいいと思うやり方で問題ありません。

ペニスを扱く

しばらくしたら片手は乳首を刺激したままで、もう片方の手でペニスを扱く。

射精しそうになったら扱くのをやめて、再び乳首に戻す。

そして今度はさっきとは反対の手でペニスを扱く。射精しそうになったら止める。

この流れを何度か繰り返しているうちに、乳首を刺激しているときに射精できるようになるのです。

最初のうちは扱いての射精でも良いが、少しずつペニスへの刺激は少なくしていく。

やがてペニスに一切触れることなく、乳首の愛撫だけで射精ができるようになるのです。

刺激が足りない場合はローションやローターを使用すると上手くいく場合があります。

最初から乳首で射精できる人はいないので何度か繰り返して、開発することが大事です。

乳首は開発しすぎるとちょっとした刺激でも立ってしまうようになるのですので注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました