ナンパ待ちしている女性の見分け方

ナンパをする時はターゲットの選び方も重要になってきます。

最初のうちは慣れるために片っ端から女性に声を掛けてみるのもいいかもしれませんが、慣れてきたら時間を無駄にしないためにもナンパ待ちの女性ナンパしやすい女性を見極める必要があります。

ショップ店員

ナンパ待ちしている女性の特徴というわけではないのですが、ナンパ初心者にぜひ狙ってもらいたいのがレディースのアパレルショップ店員です。

客も同僚も女性ばかりなので意外と出会いの少ない人が多いのです。

声をかける必要はありません。小さめのメッセージカードに「突然のお手紙失礼します。以前あなたをお見かけして一目惚れをしてしまいました。良かったら友達になってもらえませんか?」と、連絡先も書いて渡せばいいだけです。

半分以上の女性が何らかの返信をしてくれます。声をかけるよりも遥かに簡単でなおかつ確率が高いので初心者にはおすすめです。

男女両方の客が来るカフェの店員などよりも遥かに成功率が高いのです。

ナンパ待ち女性の特徴

靴底の磨り減っている女性

女性器と足は繋がっています。そして靴はそれを守る大切なアイテムです。

靴底が磨り減っても平気でいられる女性は男性を受け入れることに抵抗の少ないタイプが多い傾向にあります。

これは心理学的な話ですが、実際に街でナンパをしてみても靴の手入れをしっかりとしていない女性はその日にホテルまで行ける確率が非常に高いと言えます。

ナンパ待ち女性の特徴

大声で電話をしている女性

電話というのは電話口の相手とのコミュニケーションであると同時に、その周りにいる人たちに対してのアピールにもなります。

道を歩いているときや電車の中で大声で電話をしている女性は、誰かに構ってほしくて注目して欲しいという欲求が非常に強いと言えます。

暴走族が幼少期に親から愛情を受けていないのと同じ心理です。寂しい人間は大きな音や声で周りに構って欲しいとアピールします。

最初に声を掛けるとウザそうなそぶりを見せますが、粘り強く何度か話しかけているうちに、相手からも話すようになってきます。

ナンパ待ち女性の特徴

歩くのが遅い女性

新宿や渋谷などの繁華街は正直言ってナンパには向いていません。

しかしそういう場所でも、ゆっくりと歩いている女性はナンパ待ちしている可能性が非常に高いと言えます。

女性としても声を掛けて欲しいと思ったときに最初に思い浮かぶのが人の多い繁華街です。

そういう場所で目的のなくトロトロと歩いている女性は簡単にナンパすることができます。

ナンパ待ち女性の特徴

化粧が下手な女

男性から見ても明らかに化粧が下手な女性というのはいます。

マスカラがダマになっていたりアイシャドーがズレていたりする女性です。

そういうタイプの女性はだらしない性格で細かいことを気にしないことが多いので、初対面の男とセックスすることにも抵抗が少ない場合が多いのです。

ナンパ待ち女性の特徴

アニメイトの袋を持っている女

アニメイトというのはアニメやフィギアを販売している大手のチェーン店です。

都内だと秋葉原や池袋にあります。このお店に通っている女性はいわゆるオタクと言われる女性で男性経験が少なく、ナンパされても上手く断る術を知らないことが多いです。そのままセックスまでいけます。

断わられてもチッとかやられる心配はないので傷つきやすいひとはぜひ。

<追記>このサイトは「アニオタ女子とセックスしたい」というキーワードで訪問してくれる人がけっこういます。

ナンパではなく単純にアニオタの子とセックスがしたいならワクワクメールなどのコミュニティが充実したサイトで探した方が手っ取り早いです。

プロフ検索すれば簡単に見つかりますし、狙っている男が少ないのでほぼ確実に会えます。しかしメンヘラ率も高いので粘着されても自己責任でお願いします。顔はまあまあ可愛いかったです。

ハカセのナンパ&セックスブログ
タイトルとURLをコピーしました