女性をラブホテルに誘う方法とセリフ

せっかかく女性と二人っきりでデートしても、ホテルに誘うのが苦手という男性は多いです。

二人っきりで会ってくれているという時点で、女性もホテルに行くかもという覚悟はしています。

後は女性がOKしやすい言葉で誘えばいいだけです。女性がホテルについてきやすいセリフを紹介します。

↓個人撮影サイトの広告↓

「酔ってるみたいだし、泊まっていこう」

セックスがしたいのではなく、酔っているあなたが心配なのでホテルに行きましょう、というニュアンスで誘います。

女性もお酒をたくさん飲むと、家まで帰るのが面倒臭くなるので、使いやすいフレーズです。

「今日はもっと話していたいから、ゆっくりできるところに行こう」

あなたとの会話が楽しすぎてもっと一緒にいたい、という願望をアピールします。

相手が「ホテルはダメだよ」と言ってきたら、「何もしないよ、落ち着いて話せる場所に行きたいだけだよ」と言えばOKです。

「コンビニでお酒買って行こう」というセリフと合わせて誘えば効果的です。

「今日はまだ一緒にいよう」

これは2軒目のお店を出たときに使えるセリフです。

夕方から会って、居酒屋、バーとハシゴすれば、そろそろ終電の時間も気になるものです。

その時間帯に「まだ一緒にいよう」と誘えば相手も意味を理解してくれます。

「場所変えよう」

これは既に相手とキスまではできる関係のときに使うフレーズです。

抱き合ったり、キスしたりしているときに、「場所変えよう」と言えばスムーズにホテルに行けるのです。

セフレと初めてホテルに行くときにこのフレーズを使ったら、後で「自然な誘い方で良かった」と言われたことがあります。

以上が女性を上手にホテルに誘う方法です。

全てに共通して言える事は、あくまで男性側が誘ったという状況をつくってあげることです。

女性はセックスしたいと思っていても男性から誘って欲しい人がほとんどです。

とはいえ、二人っきりのデートに応じている時点で、よほど変なことを言わない限り、ホテルに連れ込める可能性は高いです。

タイトルとURLをコピーしました