女をホテルに誘うときに絶対に忘れてはいけないこと

ナンパだろうと合コンだろうと出会い系だろうと女をホテルに誘うときに絶対に覚えておいて欲しいことがあります。

それは女が真顔ではっきり「NO」と言わない限りは全て「YES」の可能性はまだあるということです。

私の今までの経験から言って「ホテルに行こう」と言ったときに「絶対にダメ」と言われたとき意外は全て連れ込むことに成功しています。そして性交もしています。

2人だけで飲みに行って遅くなるまで付き合う時点で女の方だって覚悟は決まっているのです。

ホテルに誘われてはっきりと「いいよ」と言える女は少ないです。それが出会って間もない時期なら尚更です。

「会ったその日にセックスしてしまうとか軽い女と思われないかな?」とか「やり逃げされたらどうしよう」とか色々考えているんです。だから最初は「嫌だよー」とか「えー」とか言うのです。

本当に嫌だから言っているのではありません

女がこういう事を言うときの気持ちは1つしかありません。
「もう一言、私の背中を押す言葉を言ってほしいな」です。

こじつけのような理由でもいいから女が「うん」と言える台詞を言ってあげれば良いです。

「もう遅いから1人で帰ると危ないよ」でも「飲み過ぎて家までたどり着く自信ないから付き合ってくれ」でもいいので、とにかく最後の一押しをします。

そうすれば女も言い訳ができるので付いてきやすくなります。

はっきり断られているわけでもないのに途中で諦めてしまう男は勿体ないことをしています。

本当に嫌がっている女はこちらが何を言おうとさっさと駅に向かって歩いて行ってしまいます。

帰らずにダラダラと付き合うということは本心ではOKをしているというこなのです。

このことに気づいてからははっきり断られるまで誘い続けるようにしました。

そのおかげでセックスまでいける確率が飛躍的に高まりました。

あと一歩のところまで行って最後の最後で逃げられてしまう人はもっと強引に行った方が良いです。

今までだって本当は行けたのに自分で勝手に諦めてしまっていただけという可能性は絶対にあります。

女だって性欲はあるということを常に頭の片隅においてセフレづくりに励むべきです。

タイトルとURLをコピーしました