女性がよくするセックス中の演技!イッたフリ?喘ぎ声?

あるアンケートによると、9割近くの女性がセックス中に、感じたフリやイッたフリなどの、演技をしたことがあるらしいです。

それに対して、自分の彼女や妻がセックス中に演技をしていると思っている男性は半分くらいしかいません。

まさにAVの悪影響でしょうか?多くの男性が女性は気持ちいいと喘ぐものと信じてしまっているのです。

今回は女性がセックス中によくする演技について紹介します。

↓個人撮影サイトの広告↓

喘ぎ声

ピストンをしているときに「アンアン」と喘ぎ声を出す女性はほぼ演技。

おそらくAVなどを参考に、こうすれば男性が喜ぶと思って、声を出している。

試しにピストンをいきなり止めてみると分かる。彼女の「アン」が一回分、多くなってしまう場合があります。

イッタふり

イッたフリをする女性もたくさんいる。女性は本当に気持ちが良いと言葉を発することが出来ないひとの方が多いです。

なぜイッたフリをするかというと、イカせようと必死になっている男性を面倒に感じるからです。

大きな声で「イクゥ」と言われても、体に何の反応もなければ演技だと思った方が良いです。

シーツを掴む

本当に気持ちの良いときにシーツを掴む女性もいます。

そのため、シーツを掴めば感じているアピールになるのですだろうと演技でやる女性もいます。

これも見極めるのは難しいところだが、シーツを掴んだからといって感じているんだ、と考えるのは早計です。

中には痛いのを我慢している場合もあります。

恥ずかしいセリフなんてない

よくセックスの最中に「何が欲しいの?」と聞いて、女性が恥ずかしそうに「おちんちん」と言うと喜ぶアホな男性がいます。

しかし女性からしたら、その言葉を言うのは大して恥ずかしくないのです。

恥ずかしそうに言ってあげた方が男性が喜ぶと思っているので、恥ずかしい演技をしているだけです。

この言葉を言わせて得意になるのですのは止めよましょう。

女性が演技をするのは自分の気持ちを高めるためや、相手に喜んでもらうためという理由が多いです。

女性も男性を傷つけないように気を使っているのです。

たとえ演技だと思っても「今の演技でしょ?」などと聞いてはいけません。

演技も含めてセックスなのです。

タイトルとURLをコピーしました