女性が嫌がるドン引きセックス

セックス中に男性が良いと思ってやっていることでも、女性からすると嫌なことはたくさんあります。

そして嫌だと思っても女性からはなかなか言い出せないのです。

今回はセックス中に女性がされて嫌なことを紹介します。

↓個人撮影サイトの広告↓

指マンした後にシーツや女性の体で拭く

女性の膣の中に指を入れて愛撫すると愛液でヌルヌルになってしまいます。

ちょっと気持ち悪いからと言って、シーツや女性の体に擦り付けると、女性はショックを受けるようです。

愛液は放っておいてもすぐに乾燥するので、拭いたり、擦り付けたりするのは止めよましょう。

どうしても気になるのですなら、相手に分からないように自分の体に擦り付けましょう。

「気持ちいい?」と何度も聞く

多くの女性がセックス中に嫌がることとして挙げるのが「気持ちいい?」と何度も聞かれることです。

いちいち答えるのが面倒なだけでなく、自分のセックスに自信がない男と思われてしまいます。

気になるのであれば終わったあとに「痛くなかった?」と聞いてあげるくらいが良いです。

セックス中に、確認されると興ざめしてしまう女性がたくさんいるのです。

バックのときにお尻を叩く

AVに影響されてバックのときに女性のお尻をパンパン叩く男性がいます。

二人で「SMっぽいことしよう」と決めてセックスしているときであれば問題はありません。

しかし毎回バックのたびにお尻を叩いていると「AV見すぎ」と笑われてしまいます。

叩かれても女性は全く気持ちよくないので気をつけましょう。

顔射

綺麗な女性の顔に精子を掛けるのは興奮すると思います。

しかし女性にとってこれほど屈辱的なことはないのです。

特に化粧をしている顔に掛けられたりしたら本気で怒り出す女性もいます。

顔射されて喜ぶのは、そういう性癖の女性だけです。

どうしても顔射したい場合は事前にお願いしておくくらいの配慮が大切です。それくらい、顔射はリスクの高い行為なのです。

タイトルとURLをコピーしました