賢者タイムにならないオナニーの方法

ほとんどの男性はオナニーをして射精すると急に性欲がなくなりヤル気が落ちてしまいます。いわゆる賢者タイムというものに突入します。

この賢者タイムになるのですと再び射精したいという気持ちにはなりませんし、眠くなったりします。

しかし大量にエロDVDを借りたときなどは出来るだけたくさんオナニーしたいと思うものです。

今回は賢者タイムに突入しないオナニーの方法について説明します。

↓個人撮影サイトの広告↓

なぜ賢者タイムになるのですのか?

そもそも男性がなぜ賢者タイムになるのですのかをご存じでしょうか?これにはちゃんとした理由があります。

男性は脳が興奮するとそれがペニスに伝達されます。

すると一酸化窒素が放出されてサイクリックGMPという物質が増えます。

このサイクリックGMPがペニスの海綿体を弛緩させるので血管が広がって勃起します。

それと同時に静脈が圧迫されるので血液がペニスにとどまり、勃起状態が維持できます。

そして射精をするとPDE-5という酵素が増えて、静脈の圧迫を緩めます。

するとペニス内の血液が戻るので萎えるのです。

そして賢者タイムになるのですというわけです。

賢者タイムにならないテクニック

賢者タイムにならないための具体的なオナニーの方法を説明します。

まず思いっきり興奮した状態でオナニーを開始します。

興奮が足りないと勃起力も弱く、あっという間に萎えてしまいます。

オナニーのやり方はいつもと同じでかまいません。そしてイク寸前になったら手を離してください。

手を止めるのではなく完全に離すのです。

そしてイク瞬間というのはお尻の穴に力が入りますが、力が入らないようにリラックスした状態にします。

「まだイクな、まだイクな」と自分で抑えるような感覚です。

それでもある程度までシゴいた後だと射精してしまうと思います。

このときの精子の出かたがドピュッではなく、ズルルルーという感じであれば成功です。

おそらく賢者タイムにはなっていないと思います。

人によっても違いますが射精時に手を触れず、お尻の力も抜いた状態にすると気持ちが盛り下がらないのです。

ただしこのオナニー方法が体に害があるのかどうかは不明です。勃起不全などを引き起こすかもしれません。

行うときは自己責任でお願いします。

タイトルとURLをコピーしました