女性を満足させる正しいセックスの手順

ここでは前戯から挿入、オルガズムまでの正しいセックスのやりかたを説明します。
まず最初に理解しておかなければならないのは男と女ではHに対する反応が違うということです。よく言われるように男性は右脳が優位で女性は左脳が優位です。
多くの男はアダルトビデオを見ると興奮して勃起するが、女はアダルトビデオを見てもすぐに濡れたりはしません。
男が視覚的な物から興奮を得るのに対して女性は聴覚的なものから興奮を得やすいです。

女が「声が素敵な男性に魅力を感じる」というのはこのためです。

男の場合、突然女の胸を見せられれば興奮する人が多いですが、女の場合はいきなり男のペニスを見せられて興奮するような人はほとんどいません。

たとえ一夜限りの関係であったとしても女はセックスに至るまでの雰囲気を大切にします。

なので女を満足させるためには最初のスキンシップが大切です。

↓個人撮影サイトの広告↓

前戯のしかた

服の上から愛撫

女は男の何倍もの性感帯を持っていると言われています。クリトリスやGスポットだけではありません。

耳や背中や太ももなど人によって様々ですが体のどの部位も気持ち良さを感じるポイントが隠れている可能性があります。

なので前戯をおこなう場合はキスをしながら体全体を一通り撫でまわすように愛撫して相手が感じるポイントを探すと良いです。

特に髪の毛や太ももは優しく撫でられると心地よく感じる女が多いです。

耳と首に関してはくすぐったいだけという人もいるので軽く触ってみて嫌がるようであればあまり触らないようにします。

最初の愛撫の段階では胸や股間には触れないようにします。

近くまでは愛撫してもそれ以上は触らずに焦らすのです。

この時に耳元で優しい言葉を囁いてあげると女の気持ちが高まりやすくなります。

女の中にはセックスの前のこの時間が好きという人が多いので手を抜かずに行います。

服の上からの愛撫が一通り終わったらゆっくりと脱がせていきます。

この時点ですでに女は濡れているのです。

男が一方的に脱がしていくのではなく二人で協力しながら脱いでいくと良いです。

この時に全て脱がしてしまっても構わないし、下着だけ残したままにしても大丈夫です。

大事な事は脱がせている最中も愛撫を止めないことです。

男の中にはブラジャーのホックを上手く外せない人もいますがそういう場合は「自分で外してごらん」と言えば違和感がありません。

胸を刺激する

よくAVなどを見ているとおっぱいを揉まれて激しく感じている女優をみかけますがあれは演技です。

女のおっぱいは脂肪のかたまりです。

男がおしりを揉まれても感じないのと同じように女もおっぱいを揉まれただけではそこまで感じないのです。

ただし同時に乳首も刺激されるため吐息が漏れたりします。

女の胸を触るときは乳首に遠い外側から触り始めます。

乳首には触れずにその周りを手の平全体で優しく揉むのです。決して強く握ってはダメです。

揉むだけではなく大きく円を描くように胸全体を動かしたりします。先ほども述べた通り乳首の周りをどれだけ刺激しても女はそこまで感じません。

しかし、やがては乳首を愛撫されるという想像ができるのでジワジワと感度が良くなります。

胸全体の愛撫が終わったらいよいよ乳輪と乳首を攻めます。

まずは乳輪を人差指か中指の腹で乳首の周りを回るように撫でます。

乳輪の感じ方は人によって様々ですが乳首の上側よりも下側の方が感じるという女が多いのでそこを重点的に攻めます。

乳輪をある程度刺激したら乳首を愛撫します。指先で優しく触れたり摘まんだりします。乳首が完全に勃ってきたら強めに押したりグリグリと刺激します。

舌の先を尖らせて突っつくように刺激すると女は感じやすくなります。他にも唾液で濡らして唇全体でやさしく咥えながら舌でチロチロやってあげるとどんどん気持ち良くなっていきます。

クリトリスの愛撫

胸の愛撫が終わったらいよいよクリトリスに移ります。

おそらくこの段階までくれば指を入れても大丈夫なくらいに女性のヴァギナは濡れています。

しかしいきなり触れてしまうとビックリしてしまうので焦らしながら攻めていきます。

最初からアソコに触れるのではなく太ももの内側をゆっくりとさするように刺激します。

下から上に向かって手を動かしながらヴァギナに近づいたらまた下に戻します。

こうすることで女はいつアソコに触られるか分からない状況になるので興奮度が増すのです。

ある程度焦らしてからクリトリスに触れます。

濡れが足りないと痛いと感じる女もいるので、膣口から愛液を掬い上げるようにクリトリスへ持っていきます。

クリトリスは女によって様々な形をしており普段は皮を被っていますが興奮することで外に出てくることもありますし、男性の手で剥くこともできるのです。

痛がっていないようであれば皮を剥いた状態でクリトリスを直接撫でるように触るだけでオナニーでは感じられないほどの刺激を与えることができます。

Gスポットを刺激する

Gスポットは膣の入口から3cmから4cmくらいの上側にあります。中指を第二間接まで入れた時に指先の腹に当たるザラザラした部分がGスポットです。

男が想像しているよりも入口に近い所にある女が多いです。興奮している状態であれば少し押すだけでも腰を浮かせるくらい反応するので見つけやすいです。

実際の刺激の仕方は指1本もしくは2本で行うと良いです。

指の腹でゆっくりと押します。押した状態で1,2秒止めてからゆっくり戻します。

これを規則的に繰り返したら今度は強弱をつけて早いテンポで刺激します。

相手があまり感じていないようだったら押すのを止めて指先を小刻みに震えさせながら小さく擦ります。

大抵の女はGスポットを押されるか擦られるかのどちらかで気持ち良くなります。

挿入のしかた

激しくする必要はない

愛撫が終わったらいよいよペニスを挿入します。

理想は女の方から「入れて」と言うくらいまで愛撫をして焦らすことですが、中々言ってくれない場合は男が主導権を握って挿入します。

この時に「入れるよ」とか言う必要はありません。愛撫をストップした時点で女の方もある程度次の展開は予測できていのです。

女の小陰唇をしっかりと開いてゆっくりと挿入します。

ペニスを挿入してもすぐには動かさずにその状態で抱きしめたりキスをして密着した状態を楽しみます。

動かす時も最初から激しくピストンせずにゆっくりと動かします。あまり知られていませんが突くときよりも、引く時に意識を集中すると女は感じやすくなります。

AVは当てにならない

女の反応がいまいちだと思ったら突く角度を変えてみましょう。

女が感じるか感じないかはペニスの大きさではなく、挿入される角度や場所によるところが大きいです。角度の変え方は簡単で上半身の傾きを変えればいいだけです。

AVを見ていると寝ている女に対して男がほぼ直角の状態で挿入しているシーンが多くありますがあれは撮影しやすくするためにそうしているだけです。

女性を感じさせるためにはあれよりも男性の上体を女性側に近づける必要があります。

また気持ち良さとは別で二人の体が密着した状態で挿入されることに喜びを感じる女も多くいます。愛情を感じやすい体位と言えます。

一緒にイクことのほうが少ない

しばらくピストンを続けていると射精しそうになります。

女も同時にオーガスムを迎えてくれるのが理想ですが、二人同時に絶頂を迎えられるというのは滅多にないです。

女の場合挿入でイケる確率は3割前後と言われていますしイッたことのない女も数多くいます。

なので無理に我慢せずに発射してしまってかまわないです。女としても男しかイケないということもある程度は予想しています。

イケなかったからと言って不満というわけではないのです。

大切なのはイッタ後のフォロー

たとえ男しかイケなかったとしても大切なのはその後です。射精した後にすぐにペニスを抜いてしまうのではなくしばらくそのままの状態を維持します。

女の膣の中でペニスがドクドクと脈を打ちながら小さくなっていくのを待つのです。

実は女は自分の中で男のペニスが小さくなっていくのを気持ち良く感じるのです。なので抱きしめながらその状態を維持します。

男は射精をした途端にHな気持ちが冷めてしまいます。

しかし女は興奮するスピードもゆっくりな分、落ち着くのも時間がかかるのです。たとえイッた後でもすぐには興奮が治まらないです。

そのため男が射精した途端にさっさと体を離してしまうと物足りなさを感じることになります。なのでセックスが終わった後も男は女の体を抱きしめてあげた方が良いです。

特に難しいことではなく射精したあとにそのまま覆いかぶさるように上から密着した体勢を維持していれば良いです。

これをやるかやらないかだけで女の満足度は大きく変わってくるのです。(おわり)

タイトルとURLをコピーしました