テクニックがなくてもセックスの上手い男と思わせる方法

実はナンパや出会い系を始めたばかりの頃はセックスについてはそれほど上手な方ではありませんでした。

クンニと指マンを同時に行えばたいていの女性をイカせられましたがその他の愛撫については自信がありませんでした。

それでも、数回に一度は相手を満足させるために、自分なりに編み出した、ゆったりとしたセックスをしていました。

「今までで一番、上手い」とか「イク前からすっごい気持ちよくなれる」と言われることは良くありました。

セックスの上手い、下手に関係なく誰でも出来る方法を紹介しておきます。

最初のセックスだけでもこれを意識してするとセフレ関係の継続がしやすくなります。

↓個人撮影サイトの広告↓

服の上から愛撫する

セックスをする時にすぐに服を脱がせてはいけません。

キスをしながら服の上から愛撫をします。

この時に胸とアソコには触りません。背中や太ももなどを服の上から何度も撫でてあげるのです。

これに時間をかけると女性はグショグショに濡れます。

胸とアソコに遠いところから愛撫する

服を脱がせた後も、胸やアソコにはまだ触れません。

首筋やお腹、太ももの内側を、触れるか触れないかくらいの強さで撫でるのです。

女性は自分でも気付いていない性感帯がありますので、それを開発してあげれば、あなたから離れられなくなります。

女性を焦らしまくってから胸とクリトリスを愛撫します。

最初はゆっくり腰を動かす

相手の膣に挿入しても最初から早いピストンはしません。

相手の体と密着させた状態で、ゆっくりと動かし、徐々にスピードを上げていきます。

正常位のときに、相手と自分の体が、横から見て垂直になるのですのはフィニッシュのときだけです。

それまでは、平行に近い形で密着状態を保ちます。

射精してもすぐに抜かない

射精してすぐに抜いてしまうと女性は寂しい気持ちになります。

イッタ後もしばらくは挿入したままにしておきます。

人によっては膣の中でペニスが萎んでいくのが気持ちよく感じる場合もあるようです。

毎回違うパターンで攻める

ほとんどの男性がセックスの流れが決まっていると思います。

しかしそれだと、次の展開が分かってしまい、飽きられてしまいます。

そうならないために、毎回、違うパターンで攻めるようにします。

フィニッシュの形も毎回、正常位にする必要はありません。

また、時には、ゆっくりとした動きだけではなく、強引に服を脱がせて犯したりするとマンネリしません。

全体を通して意識しているのは映画のセックスシーンのような流れです。

映画はAVと違って激しく腰を振ったりはしませんし、ゆったりした前戯でお互いの体に触れ合っています。

女性はああいう流れのセックスをされると、全身が性感帯になるのですのです。

すると性器以外の部分に触れても気持ちよさを感じて、こちらをセックスの上手い男と認識してくれます。

けっこう美人な女性ともセフレ関係が長く続いているのはこのおかげだと思います。

セフレとして関係を継続させるためには、射精できればいいやというセックスはしないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました