「セックスしたい人募集中」と出会い系の掲示板に書き続けた結果www

今まで出会い系でかなりの数の女の子と会ってきました。

その中にはあきらかに最初からセックスがしたいという雰囲気の子もいました。

女の子だって出会い系に登録している以上はセックスがしたいという欲求は持っているんです。

でも最初からそう言ってしまうのは恥ずかしいからとりあえず食事をして仲良くなって、「酔ってしまったから仕方なく…」という無駄なタテマエを用意するわけです。

反対に言えばそのタテマエさえ用意してあげれば出会い系で知り合った女の子は簡単にセックスできるわけですが・・・

欲求不満な女の子

そして今回は無駄なやり取りはいらないからさっさとセックスしようよ!という女の子を狙うことにしました。

無駄な小細工はなしで最初からハッピーメールの「今スグ会いたい掲示板」にセックスしたい子募集と書き込みました。

その結果・・・大量の「ホテル代別で15000円でどうですか?」みたいなメールがやって来ました。

援助交際を募集していると思われたようです。ある程度の予想はしていましたが。

そこで今度は書き込みの最後に「※援助交際やデリヘル業者は無視します」という一言を付け加えました。

そしたら……全く誰からもメールが来なくなりました。

確かに「セックスしたい人募集」と書いただけで女の子とセックス出来たら世の中の風俗店は全部潰れてます。

しかし、ここで諦めてしまうかどうかがヤレる男とヤレない男の違いなのです。

今までの経験からセックスがしたくてどうしようもない女の子はいるとわかっているのです。

毎日、掲示板に書き込みを続けること6日間。ついにその日がやってきました。

援助交際ではない普通の子からメールがやってきたのです。

「掲示板を見たんですけど本気ですか!?」
「本気だよー出会い系ってそういうものでしょ?興味あるの?」
「少しはありますけど、いきなりは怖いです」
「じゃあとりあえず会ってみて決めようよ。嫌なら帰っちゃっていいから」
「今日ですか?」
「そうだよ~何時くらいが良い?」

怖いとか言ってましたが「今スグ会いたい掲示板」をみてメッセージを送ってきている時点で欲求不満な女の子に決まっているのです。

そのまま時間と場所を決めて新宿で会うことにしました。

だってセックスしたかったんだもん…

やって来たのは24歳の会社員です。顔は平均よりちょっと可愛いくらい。人によってはめちゃタイプかもしれません。

軽く立ち話をしてからいよいよ運命のときです。

「今から10秒間、目を閉じるからOKならここに残ってね。ダメなら何も言わずに帰っていいよ」と言って目を閉じました。

とっさに思いついた方法ですがこれなら誰も気まずい思いをしなくて済みます。そして目を開けたら目の前にちゃんといました。

じゃあ行こうかということでそのまま手をつないで歌舞伎町のホテルに行きました。

最初は「凄い緊張する…」とか言ってましたが、キスをしているうちに一気にスイッチが入ってしまいました。

「んーはぁー」と小さく喘いでいました。ほとんど愛撫してないのにアソコは濡れまくりでした。

終わったあとに「けっこうエロいね」と言ったら「だってセックスしたかったんだもん…」と言ってました。

泊まりじゃなかったので3時間で出なければならなかったのですがチェックアウト30分前に相手から求めてきて二回戦をしました。

相手の家の方が近かったので「泊まりに来る?」と聞かれましたが、断わりました。さすがに平日に3発はキツいです。

でも定期で会えるセフレには出来そうです。

使用サイト:ハッピーメール<18禁>

タイトルとURLをコピーしました