新幹線で隣の席の女性をナンパした結果

先日、日帰り出張で名古屋に行ってきました。月に2、3回は出張があります。

別に私が会社から期待されているエリート社員だからではありません。先輩や上司が行きたくないから押し付けられているだけです。

自分も旅行好きなので嫌ではないのですが…たとえ名古屋でも日帰り出張は嫌いです。

ですが今回は帰りの新幹線で良いことがありました。そうですナンパに成功したのです。

前々から新幹線で隣の席に座った人をナンパ出来ないかな?と思っていたのです。

しかし失敗したときにその後もずっと同じ席に座る気まずさが怖くて声を掛けることができずにいました。

今回は何となく行けそうだったので声を掛けました。

会社がとってくれた新幹線のチケットは指定席(窓側)でした。自分が乗ったときには通路側に女性が座っていました。

なので「すいません」と声を掛けて奥の席に通してもらおうとしたら「あっすいません、どうぞ」と感じ良く対応してくれました。

それだけなら私もナンパなどしなかったと思います。その後私がスーツのジャケットを脱いだときにちょっと自分の汗の臭いが気になりました。

そして自然に自分のスーツの臭いを嗅いでしまったのです。その瞬間を何気なく見られていました。

ただ嫌そうな目ではなく微笑ましい感じだったので自分から「臭くないですか?」と聞いてみました。

そしたら「ぜんぜん臭いませんよ」と答えてくれました。そのときはそれで終わりました。

新幹線が動き始めて5分くらいして、ふと隣を見ると目の前の台に読みかけの小説が置いてありました。

本人は何もせずにボーっとしている感じでした、寝ているわけでもなかったです。

読書も飽きてしまったけど眠いわけでもないのでボーとしているのだと思いました。

なので思い切って「出張の帰りですか?」と声を掛けました。相手もスーツだったので。

そしたら「ええ、大阪まで日帰りだったんです」と答えました。ちょっと嬉しそうな感じでした。

私の自意識過剰でなければ声をかけられるのを少しは期待していたのかなという感じです。

ちなみに相手の年齢はおそらく30代後半という感じでした。でもけっこう美人です。総合職だけあって気は強そうでしたが。

その後はお互いにどんな仕事してるのかとか旅行の話で盛り上がりました。

お互いに話しやすさを感じていたのであっという間に2時間が過ぎました。二人とも東京駅で降りました。

降りたあとも改札まで一緒に歩いていきました。そこで思い切って「食事していきませんか?」と誘いました。

相手も一瞬だけ迷いましたが「少しだけなら…」ということで駅の中にある和食屋さんでごはんを食べました。

お酒も飲まなかったので1時間もいなかったと思います。相手から切り上げて帰ることになりました。

帰り際に連絡先を聞こうとしたら衝撃の真実が。「実は結婚していて」とのことでした。

まあ確かに年齢的に考えれば既婚者だよなぁという感じです。そのまま別れました。

でも今思い出してみると既婚者というのはウソな気もします。

総合職として働いていてあれだけ美人だと色々なところで誘われる機会が多いと思うのです。

なのでそれを予防するために普通は結婚指輪をしているはずです。

自分の身の回りでも美人な営業とかは必ず結婚指輪をしてます。「誘いには乗りませんよ!」というアピールにもなるからと言ってました。

でも今回の相手は指輪をどの指にもしていませんでした。ナンパするときは必ず確認するので間違いありません。

もしかしたら自分がショボかったので逃げられただけな気がしてきました。

でも今回の経験で新幹線の中での声を掛けて良いかどうかの判断が出来るようになりました。次回の出張が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました