外見から相手の心理を読む方法

感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときに、受け手はメッセージの内容よりも、視覚から入ってくる情報を優先して判断すると言われています。これを「メラビアンの法則」と言います。

怒った顔の人が「怒ってないよ」と言っても、怒っていると判断できる場合などが当てはまります。

このときの受け手側の判断基準としては、外見55%、話し方38%、話の内容7%という割合になるそうです。(アメリカでの実験結果)

この話が広まるにつれて、「人は見た目が9割」などと言われるようになったのです。

外見から相手の心理を読む方法について説明します。

↓個人撮影サイトの広告↓

視線の方向で考えていることが分かる

相手が考え事をしているときに視線の向きを見れば、どんなことを考えているのか分かります。

視線が左上を向いている

過去の体験を思い出している。

見たことのある視覚的な記憶をイメージしている。

視線が右上を向いている

今までに見たことのないシーンを想像している。

ウソをつくときも右上を見るひとが多い。

視線が右下を向いている

体の感覚に関するイメージを想像している。

痛みや快感などに関係することを考えている。

視線が左下を向いている

聴覚的なイメージを想起している。

音楽を思い出すときなどは視線が左下を向く。

手が顔に触れたときに分かること

手が顔のパーツのどこかに触れたときにも心理を読むことができます。

鼻に触れる

手が鼻に触れるクセのある人は自分の判断に自信がなく弱気の人が多いです。

またウソをつくときにも、自分で自分を慰めるときに鼻に触れるひとがいます。

相手の話を疑っているときも触れることがあります。

会話中に相手が鼻に触れたらあまり良いサインではないと思った方がよいです。

口に触れる

不安に感じているときに口に手を触れることがあります。

これは赤ちゃんのときのおしゃぶりをしていた感覚の名残と言われています。

またウソや言い訳をするときに「余計なことを言ってボロが出ないように」という心理が表れて口に触れてしまう場合もあります。

耳に触れる

会話中に相手が耳を頻繁に触るようであれば、会話の内容に興味がないか、他のことを考えている可能性が高いです。

寝相と性格

アメリカの精神科医のサミュエル・ダンケルは寝相によってその人の性格が分かるといいました。

寝相と性格は以下の通り分類できるそうです。

胎児型

お腹の中にいる赤ちゃんのように丸まって寝るタイプです。

このタイプは自分を守ろうとする防衛本能が強く、他人への警戒心は強いと言えます。

自分の殻に閉じこもりがちともいえます。

半胎児型

左右のどちらかを向いて軽く膝を曲げている状態です。

この形で寝る人はバランスの取れた性格をしているといえます。

協調性があり、ストレス耐性も強いと言えます。

王様型

仰向けになって手足を広げて寝る状態です。

このタイプは自信家であり、他人に対してもオープンな性格のひとが多いです。

うつ伏せ型

お腹をベッドにつけて寝るタイプです。

几帳面な性格の人に多い寝相です。

対人関係でストレスを感じやすいのはこのタイプです。

その他

目と口が同時に動いたら作り笑い

人間は本当に笑っているときは口が先に動いて、少し遅れてから目が動きます。

これを意識して行える人はそうそういません。作り笑いをしているときは目と口が同時に動きます。

好きな人の前では瞳孔が開く

瞳孔は目に入ってくる光を調節するために大きくなったり、小さくなったりします。

暗いところに行くと光を多く取り込もうとして瞳孔は開きます。

明るいところでも自分の好きなものを見たときは、もっとよく見ようとして瞳孔が開きます。

タイトルとURLをコピーしました