お尻の穴に入れなくてもトコロテン可能なアナルオナニーのやりかた

アナルオナニー(通称アナニー)と言えば自分でお尻の穴に指やおもちゃを挿入して、前立腺をマッサージすることで、精子を放出するやり方が一般的です。

トコロテンなどと呼ばれることもあります。

しかし、中にはアナルの中に異物を挿入することに対して嫌悪感を持っている人もいると思います。

実はアナルオナニーは穴に挿入しなくても精子を放出することは可能です。今回はその方法について説明します。

↓個人撮影サイトの広告↓

アナルオナニーの正しい体勢

まず挿入しないアナルオナニーには体勢が重要です。

AVを見ながらでもかまわないので、横に寝た状態で、右か左の好きなほうに体を傾けます。

つまり寝転がってテレビを見る状態です。この体勢が最もアナルオナニーをしやすいのです。

もし、左側を向いて行う場合は右手を使って刺激します。

まず右手の中指を尻の割れ目に当てます。指先がちょうど、アナルにあたるくらいの場所が丁度良いです。

そして人差し指と親指は右側の尻に、薬指と小指は左側の尻に触れさせます。

その状態で全ての指を尻全体に押し付けるようにします。コレが基本の形です。

アナル全体を刺激する

状態を作れたら好きなAVでも見ながら力強く腰の方に向かって尻全体を持ち上げるように何度も動かすのです。

尻の穴に何かを挿入されているときと似た刺激を感じるようなら、その動かし方で合っています。

人によって感じるポイントは異なるので手の位置は変えずに動かす方向やスピードを変化させることで、自分のイキやすいポイントは見つかります。

人によっては便意を催すこともありますがそれが正しいのです。

ずっと動かしていると手が疲れてくるのですが、それでも続けていればペニスからドロドロと精液が漏れてきます。

シコるときのように勢いよくは飛び出してこないですが、じんわりとした快感がしばらく継続するので普通のオナニーよりも気持ち良いはずです。

最初から上手くいくことは少ないですが、何度かやっているうちに、射精できるようになります。

タイトルとURLをコピーしました